お客様の声アーカイブ 1997年10月分

トップページ »  お客様の声アーカイブ »  1997年10月分
お客様の声アーカイブ 1997年10月分

1997年 10月 6日

そういえば、HPの感想追加されてましたね。あれ見て、最近感想を 送ってないことに気がついてしまった。。。いくつか飲んでいるので すが、覚えているのが亀粋だけなのでこれだけ。

米鶴さんの亀の尾は最近呑んでないので比較はつきませんが、 福乃友や天の戸の純吟クラスの亀の尾のお酒で感じた、 山田錦系では感じられない酸味が感じられて、 基本的にはそんなに変わらないお米なのかなと思いました。

ただ、すごく温度が難しいですね。4合瓶を1週間ぐらいの間に 3回に分けて呑んだのですが、いいところに当たったのが2回目の 一部だけだったと思います。最初に呑んだ時には冷えすぎていたのか、 えぐみが強くでて、首をひねってしまいました。

それでも、温度が上がるにつれ良くなっていたので、 2回目は少し部屋に放置してから呑みました。 このときは、えぐみも消えてなかなか良い感じでしたが、 逆に最後の方は、温度が上がりすぎたのか濃すぎるお酒に なってしまいました。

3回目も、少し室温放置したのですが、量が減っていたために温 度が上がるのが早かったのか、すでに2回目の後半のような状態にな っていました。。。このお酒、皆さんの評価はどうですか。結構評価 が分かれると思うんですけど。

1997年 10月13日

ちょっとした感想:
誕生:ラベルはすごくきれいでうれしかったです。(^_^)v
古酒三歳:なんかすごそうな瓶でした。
秘めごと:純米大吟醸とはびっくりしました。


尚、どれもまだ飲んではいないので味の感想はまたに。 では。

1997年 10月13日

先日10日に持ち込み宴会をやり、そこへ「あら玉」改良信交 吟醸50を持ち込みました。 持ち込みでしたのでキンキンに冷えた状態ではありませんでしたが、 冷たい間はやや舌を刺す酸味を感じましたが円やかな甘味がそれを補っ てあまりあるものでした。常温に近付いたころは、皆酔っていましたが:-)、 「うまい酒程早く減る」の法則通り順調に消費されました。 温度が上がるとうまみが出て来て良かったです。

1997年 10月14日

あら玉改良信交 吟醸50は途中参加なので、開けたては味わえませんでした。説明を受けずにいっぱい飲んだ感想は、 なんか変わった米で造ったのかな~でした。飲み込んだあとに独特の 癖があると思います。これが米の性なのかは分かりませんが、ササニシ キで造った酒に似た癖の感じ方がしました。

ただし、私は、ササニシキの癖は嫌いですが、"「あら玉」改良信交 吟醸50"の癖は嫌いではないです。特に上品な甘味が気に入りました。

1997年 10月14日

あら玉改良信交 吟醸50は美味しかった印象はきっちり残っているの ですが、表現できない。最後一合は確保(抱きかかえてともいう)して まだ部屋にあるので、もう一度呑んでから感想します。

#甘みがあったよなぁ。酸味もあったよなぁ。
#で生っぽい柔らかさもあったよね? > 誰とはなく

1997年 10月14日

あら玉改良信交 吟醸50は、味の乗りは時期的なものが 大きいと思いますが、結構よかったと思います。 香りもそれほど強くはなくて味わい重視ですね。 Yさんのおっしゃるとおり、最初は舌を刺す感じはしましたが、 僕はそれを酸味と絡めて考えはしませんでした。 あと、刺す感じは飲み進むうちに直ぐに気にならなくなりました。

味わいに米特有のものと想像させられる特徴(というか癖)が ありましたが、信交の酒を初めて飲んだので蔵元のもつ個性と どう結びつくかは判然としませんでした。 もっと飲みなれた米だったら蔵の個性も見えやすかったという 印象があります。

値段もお手頃ですね。ただ自分が買うならあの味だと 3000円かそれ以下を想像します。3500円を超えるには、 味のバランスや乗りや米の特徴だけでなく、 その酒がその酒である理由をもっと はっきりと示せた方がいいと思います(諸刃の剣ですが)。

1997年 10月16日

昨日、一合ほどの残りを呑んだ感想です。

口開けして常温で置いといたものをそのまま呑んでます。 やはり、最初は苦みを伴った刺激を感じました。ずっと残るような 刺激ではなくそのあとを甘みにすっと譲るような感じです。 小さめの冷酒グラスで2杯はその印象なのですが、じょじょに刺激 が薄れていき、3杯目あたりでは口あたりから柔らかい甘みを強く 感じる様になってきます。

#やっぱり、私は好きなお酒ですね。(^Q^)

1997年 10月28日

先日送っていただいたお酒を昨日みんなで飲んでみました。 最近は新潟の酒を飲む機会が多かったせいか、ちょっと甘口かな という印象です。それでも納書に書かれている通り芳醇で 後味がさっぱりとしたとても上品なお酒でした。 私は自然流のとろりとしたのみくちが印象に残りました。

友人が亀の尾という六角形の瓶に入った酒があるといっていましたが ご存じでしょうか?
 

1997年 10月28日

お酒の中で“ワイン”は飲みやすくいろんな種類があるもので 楽しく飲んでいました。 しかし、今日お父様から教えていただいたような詳しい知識などあるはずもなく・・・

はじめは、猫の絵がかわいかったので飲んでみたカッツから飲み始め 辛口の白ワイン(特にフランス)になり、今は赤を少しづつのみ始めた ところです。

「これおいしいね」とかいいながら様々なワインを飲んでいる訳です。 ラベルの見方はとても勉強になりました。そして、フランスの地理を少し 勉強したいなと思いましたね。

高橋さん親子はみなさんお酒についてそれぞれ熱心ですね。 ただ、お酒が好きなだけとはちょっと違うような感じを受けました。 そして、お父様のあの自信。 最近、私の父親もワインを飲み始めました。 どうしてだと思います? お昼の思いっきりテレビという番組の中で赤ワインは血をきれいに する効果があるといっていたからだそうです・・・単純ですね。 おかげで私の買い置きしてあったワインは順調に少なくなってきています。 と、いうことでなくなり次第、赤ワインを求めにおじゃましますね。

1997年 10月31日

昨日お酒がお家に届きました。どうもありがとう。 早速、「まどか」を飲んでみましたが、山形のお酒という感じで 出羽桜に似ている感じでした。(出羽吟より飲みやすいかな)

その後、とりあえず家に転がっている4合瓶に詰めて 冷蔵庫で冷やしています。(今晩が楽しみ)漬け物は 妻が喜んでいました。 それでは、また飲みたくなったら注文するのでその時はよろしくね。


人気酒ベスト10
第一位酒田醗酵 みちのく山形のどぶろく
905円から
第二位産地直送 小松さんの刈屋梨 豊水
2,268円から
第三位酒田醗酵 超なめらか 米麹甘酒
620円から
第四位全国送料無料旬の酒 6本セット
10,933円
第五位羽前白梅 純米吟醸 俵雪 秋あがり
1,728円
第六位上喜元 おりがらみ 中秋の風花
1,404円から
第七位上喜元 純米吟醸 Snow Beauty
1,404円から
第八位初孫 純米大吟醸 黒魔斬 限定品
1,566円から
第九位出羽桜 大吟醸 雪漫々 限定品
6,264円
第十位地酒 山居倉庫 純米大吟醸 雪女神
2,808円から