三河みりん 角谷文治郎商店 三州 三河味醂 本格味醂 愛知県 税別1万円以上で送料無料! お屠蘇にも

トップページ »  調味料 »  三河みりん 角谷文治郎商店 三州 三河味醂 本格味醂
一度使うと良さがわかる本物のみりん
三河みりん 角谷文治郎商店 三州 三河味醂 本格味醂
三河みりん

NHK「産地発たべもの一直線」に登場!

本格お屠蘇にもピッタリ。12月中は屠蘇散をお付けしております。

 

角谷文治郎商店のご紹介

全国にわずか数軒の本格みりんメーカー

一度使われた方からの再注文が非常に多い三河みりん。 日本で本格みりんを造っている醸造所はわずか数軒しかありません。

各メディアで何度も取り上げられているみりんですが、当店では昔からこのみりんを販売してきました。本物の味を是非御試しください。

※三河みりんは、TV はなまるマーケット・ビストロスマップ他で紹介されました。

昔、本格みりんは高級な「飲み物」だった

みりんの誕生は500年ほど前の室町時代。当時好まれた甘い酒を作り出すために、焼酎の中にもち米と米こうじを仕込んだのがみりんの原型です。

現在よりもサラリとしたほのかな甘さは高級な酒として珍重され、また入手困難だった砂糖に代わる高級甘味料として使われました。

飲み物だったみりんは、近代になると生産技術が向上し旨味甘味がトロリと濃厚になり、また価格も手頃になったことから、高級料亭だけでなく一般家庭でも調味料として使われるようになりました。

本格みりんの長すぎる受難の時代

戦中・戦後の8年間は、米不足によりみりんは製造禁止。 製造再開後も「ぜいたくひん」として極端に高い酒税が課せられました。

ちなみに昭和30年頃の一升瓶1本の値段1,000円の内、762円が酒税! みりん業界では転廃業が相次ぎました。 この時期、酒税のがれで誕生したのが今日の本みりん等の「みりん風調味料」です。

酒販免許なしで扱える「みりん風調味料」は高度経済成長期の大型スーパーの増加とともに急成長しています。

『三河みりん』小史

徳川家康で名高い三河は、古くから醸造も盛んな地方。 日本でも有数の穀倉地帯。矢作川(やはぎがわ)の良質で豊富な伏流水、そして製品を運ぶ水運と醸造に適した条件を兼ね備えていたからです。

今日でも、みりん、豆みそ、たまりしょうゆなど多岐にわたる醸造品が特産品となっています。

角谷文治郎商店は、碧南で唯一、昔ながらの伝統製法で「本みりん」を造っています。 国産の原料、長期熟成にこだわり、本物の「本格みりん」を伝承していく熱意は、戦後の混乱期も本物の「本格みりん」を造り続けた先代から、現社長の角谷社長はじめ4人の兄弟に着実に受け継がれています。

みりんの歴史についてさらに詳しく知りたい方は、みりんの変遷をどうぞ


明治43年創業以来みりん一筋の角谷文治郎商店。 木造の本社で醸造熟成を行う。蔵付き酵母や空気の流れがなければ伝統の三河みりんはできない。

平成3年に完成した新工場。低温(13度前後)の米蔵、原料の焼酎の製造、精米、配送を担う。 水まわりの配管や機材の設置はすべて角谷社長の手による。

原料焼酎の蒸留設備。 味と香りのキレが良い「米焼酎」と、一夏寝かせて熟成させた粕で造り香り豊かでふくらみのある「米粕焼酎」の2種類を使い分ける。

三河みりんは火入れをしない。 真綿を幾重にも重ねたフィルターで濾過をするだけ。でもかびない。 43度のエキスの中でふた夏も熟成させれば、雑菌類も死滅するからだ。

みりん造りは幼い頃から先代に叩き込まれた。 穏やかな語り口、数字を交えての説明に説得力がある角谷社長。
 





◆ 三州三河みりん 国内産純もち米本格仕込み


● もち米仕込みだから甘さが違う

「三河みりん」は米1升から1.8lのぜいたくな造り。 米のデンプン質が変化した天然の甘味はまったりと濃醇なのに甘味料のようにクドく舌に残らない良質な甘さです。

● 長期醸造熟成・生詰だから旨さが違う

みりんの醪は生きています。 蔵に息づく酵母や三河の風土に抱かれる2年の熟成の間に、甘味(糖分)と旨み(アミノ酸)などが結合して新たな旨味成分が生まれ、味にまとまりやコクができてきます。

また、劣化の要因となる「雑菌」もこの間に死滅します。

● 自家精米 & 焼酎仕込みだから安心

料のもち米とうるち米は国内産をさらに厳選。精米、焼酎の製造、仕込みまですべての行程を自社内で行います。

無味無臭のアルコールではなく風味豊かな焼酎を使用しているので、みりんも深みのある味わいに仕上がるのです。


700ml 1,102円


1800ml 2,506円



業務用 (一斗缶入り)
18000ml
22,313円

※業務用はお届けまで約7~10日
かかります。
送料無料です。


1800ml(左)・700ml(右)

 

 



 三河みりん 角谷文治郎商店 三州 三河味醂 本格味醂の感想

 全部で50件の感想があります。 最新の10件を表示します。

2017年 12月13日

今日、届きました。
ありがとうございました。
手続きのこともありがとうございました。
これからも、よろしくお願いします。

味醂とお酢を使っておいしいおせちを作ります(^_^)v

これから忙しい年末に向かいますが、お体に気を付けてお仕事がんばって下さい。
どうぞ、良いお年を!

2017年 12月11日

いつもお世話になっています千葉のNです。
メールアドレスを数ヶ月前に変えて、そちらからのメールは届いていますが、入力すると受け付けてもらえないので、新しく登録し直したいとおもいます。
支払いは、いつもの郵便振替でお願い出来るでしょうか?
まだ、みりんにお屠蘇がつきますか?
重ね重ねよろしくお願いします。
師走になり、インフルエンザが流行っているようですが、皆様ご自愛くださいませ。

2017年 3月14日

今朝、届きました。
今期は、赤カブを買い損ねたのが心残りです。
本みりんは、さすがに雑味が無く、甘さがスッキリ。
これまで熊本の赤酒を使っていたのですが、入手困難になって居たところで
更に良いみりんに出会えました。

2016年 12月 3日

いつもお世話になっております。
早いもので、もう師走になってしまいました。
今年も味醂にお屠蘇がつきますでしょうか?
よろしくお願いします。
今年は、寒さが早いようです。
どうぞ、皆様ご自愛下さい。

2015年 12月12日

いつもありがとうございます。お屠蘇助かります。ありがとう。

2015年 12月11日

いつもお世話になっております。
今年もみりんにお屠蘇は付きますでしょうか?
もう、遅いでしょうか?
ありましたら、よろしくお願いします。
今年の冬は寒暖の差が激しいようですが、皆さまどうぞご自愛ください。

2012年 12月14日

いつもお世話になっておします。
まだ、みりんにお屠蘇がつきますでしょうか?
あればよろしくお願いします。
年末になりお忙しそうですが、どうぞ風邪などひかないようにご自愛下さいませ。

2012年 10月25日

調味料の揃え方、素晴らしいですね。

2011年 6月17日


先ほどご注文させていただきました、みりんですが・・・

本日の発送にはなりませんか?

砂糖無の梅酒を漬けるのに、仲間と一緒に購入させていただきたく注文いたしましたが、

仲間が梅が予定より早く届いたとの事で・・・
もし間に合うようなら、本日出荷にしていただけると助かります。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

2011年 5月11日

おはようございます. 発注品の「三河味醂」 恙なく着荷・拝掌いたしました. 発送のお手数や 御丁寧なメールをいただき ありがとうございました. 前回までは 直接 角
谷商店よりいただいておりました. 使い勝手の良い味醂で 大変重宝しております.
御礼旁 ますますの御盛栄と御自愛を祈念申しあげます.


三河みりん 角谷文治郎商店 三州 三河味醂 本格味醂の、残り20件の感想を読む




人気酒ベスト10
第一位上喜元 純米大吟醸 初春の夢2019
3,000円から
第二位酒田醗酵 みちのく山形のどぶろく
905円から
第三位大山 特別純米 樽酒 手詰め品
1,646円
第四位出羽桜 干支ボトル 2019 限定品
1,620円
第五位送料無料旬の酒 6本セット
10,921円
第六位初孫 純米吟醸 赤魔斬 限定品
1,512円から
第七位三十六人衆 大吟醸雫 限定品
5,400円
第八位出羽桜 大吟醸 雪漫々 限定品
6,264円
第九位出羽桜 純米大吟醸 雪女神 限定品
4,320円
第十位羽前白梅 純米吟醸 俵雪 限定品
1,728円から