お客様の声アーカイブ 1997年2月分

トップページ »  お客様の声アーカイブ »  1997年2月分
お客様の声アーカイブ 1997年2月分

1997年 2月 4日

ところで、ようやく「麓井純米吟醸」を飲んでみました。初めは、 竹の露の雫酒を飲んでいたこともあり、何だか水のような面白い酒 でした。今日、あらためて「麓井」だけ飲んでみましたが、じっく り飲むとワインのようでマスカットの香りがするような感じでした。

最近は、アルコール添加のものを飲んでいるせいか、やはり純米 には物足りなさを感じますが、麓井の純米吟醸は、くせがないと言 うのか、とても飲みやすい感じがします。

結構、誰にでも楽しめそうな味です。注文しているものとの違い が楽しみです。私に違いがわかるかな?(^^)

1997年 2月15日

純米吟醸圓届きました。ありがとうございます。楽しみにして待っていたところでし た。さっそく、飛島のイカの塩辛を肴においしく頂いております。 代金は2月15日に〒振替にて送金いたしましたので、ご確認ください。またそのう ちに注文いたします。その節はよろしくお願いいたします。

1997年 2月18日

さっそく我が家に「雪漫々」が届けられました。申し込みをしてからあまりに も 早い配達でありましたので感激いたしました。

晩酌として妻とちびちび飲みお互いに、日本酒通気取りであれやこれやと話に 花が咲きました。 確かに豊潤な味わいで軽いブランデーといった味わいでした。(間違っていた らごめんなさい)

明日からは酒の肴にこってゆっくりと味わいたいと思います。 また、ご注文いたしますので今後ともよろしくお願いいたします。

1997年 2月21日

で,早速上喜元いただきました。 感想は一言「トロトロ」です。濃いというか芳醇というか。 同じ生でも、以前飲んだ桜花なんかとは全然違いました。 これまでに飲んだことのない飲み口でした。 食事と一緒というよりは、完全に酒を楽しむ感じでした。 一番合いそうなのは、塩辛か漬け物という感じですね。
#これは肝臓を壊す酒ですよ(^^;
一応おちょこ3杯でやめました。

香りは、カミさんはパンを作るときの酵母のにおいと似ているとのことでした。 私はあまり香りは気になりませんでしたが。
#これは火入れをしていない生だから酵母が生きているということでしょうか?

1997年 2月22日

上喜元大吟醸生原酒、私の場合,非常に美味しくいただきました. 家内も喜んでおりましたので,広く受け入れられるかと思っていたのですが, そうでもないのですね.家内も洗脳されてきたのか...

この春に退官される教授のパーティーに持ち込むつもりでいたのですが,どう しようかなぁ. もしかして 桜花吟醸 の方がいいのかな.

1997年 2月22日

無事、今日のお昼に到着しました。ちょうど他の宅配便(黒ねこ)と同じ タイミングで配達がありました。(^^)/
#その前に書留もあったり、今日はいろいろ配達の日。
ゆっくり冷蔵庫でお休みしてもらっている間に、4時頃からおでんを仕込み、 は号仕込み1本と上喜元で頂きました。

は号仕込みは、軽いティストと軽快な炭酸がアペリティフの役割を してくれます。宿河原宴会でSさん達と話たのですが、缶のデザインが いいですねって。

アルミの地の色に緑のラベル。うまい宣伝すれば、こっちでも人気出ると 思いますよ。 上喜元は、生酒のアルコール感、原酒の濃厚さ、大吟醸の香味ある 含み香(喩えられないのですけど)が何ともいえません。 と言って、昆布と鰹節の出汁のおでんに負けていません。スバラシイ! ごちそうさまでした。

1997年 2月25日

ご無沙汰しています.
いつも興味深いレポート,ありがとうございます. 楽しく読ませていただきました. 毎年のように複数のお蔵で作業経験のある酒屋さんなんて 他には絶対いないでしょうね. いつかまたゆっくり飲みながらでも 経験談や蘊蓄を聞かせていただく機会があることを楽しみにしています.

1997年 2月25日

おとといの日曜日、上喜元を受け取りました。 で、昨日、早速、飲みましたので、感想を少々。 相変わらず、下手な文章で、申し訳ありません。

まず、日曜日に受け取り、 「発泡スチロールから出してください。」 という伝言を聞き、早速発砲から出しました。 さわると、ちょっと発砲が暖かいんです。 なんか不思議な気がしました。 アドバイスありがとうございました。

で、本題ですが、 まず、口に近づけたときの香りですが、 何ともいえない、いい香りがしました。 あの香りは、いいですね。 飲む前からわくわくさせられます。 フルーティな香りというのでしょうか。 なにか、リンゴのような香りというのでしょうか。 そして、口に含んで、ですが、 なんか、米の旨みみたいな、 甘いような何ともいえない味わいが口の中に広がりました。 で、飲んだあとも、何か今まで飲んだ原酒とは違い、 後味がさわやかで、すっきりしている感じがしました。

いやーーー、うまかった。。。(^^)

あとは、ロックも試してみました。 氷が溶けてくるに従って、味わいが変化してきました。 冷えたせいなのか、薄まったせいなのかはよく分かりませんが、 氷を入れ、時間がたつにつれ、 あの香りや、口の中で広がる味わいが、薄れていく気がしました。 定番品は、こんな感じなのかな?と思いを巡らせながら飲んでいました。 割水は、してみなかったのですが、 次は、試してみたいと思います。

一緒に飲んだ友達は、ロックの方が良かったそうです。 淡麗辛口系がスキのようです。

私は、どっちもおいしかったですね。・・・・・ ただ、ロックは、飲みやすいので、飲み過ぎないようにしないと・・・・(^^;

あと、今回ほんと、酒は繊細だということを痛感しました。 氷による味わいの変化でも感じましたし、また、 コップにつがれ、4時間くらいたったものを飲んでも 感じました。 (一人、途中で寝てしまった人のコップでした。) あのおいしいお酒を室温(20度くらい)で、飲むと、 ほんと・・・・・・でした。

> ― 原酒の飲み方アドバイス ―

大変参考になります。 お酒の案内だけでなく、こういったメールも私みたい初心者には、 大変うれしいです。

1997年 2月26日

ところで「かっぱ」ですが、これは残念ながらなじめませんでした。 一升ビンの半分ばかりいただきましたが、どうも他に気移りしてしまいそうな 感じがしています。

口に含むと、今一つなじめない、舌を刺すような「苦さ・辛さ」を 感じます。飲み込んだときに香ってくる香りも、変な言い方かも 知れませんが、なにか「品のない」というか、あまり優雅でない 感じが致します。

ということで、どうもなじめませんでした。

これまでで印象に残っているのは

「ひとりよがり」:初めてだったので刷り込まれたか? スタンダードとして機能。
「白露垂珠」 :すばらしいのひとこと。優美にしてまろやか。
「巨匠」 :辛目で強め。少し温いくらいで濃い味とマッチする。
という感じです。

ということで、そろそろ次をためさせていただこうと思っています。(^^)

1997年 2月27日

こんにちは。 お元気でしょうか? 先ほど実家に連絡しましたら、すでにお願い申しあげた上喜元は日曜日に いただいていた、とのことでした。 お礼が遅れまして、申し訳ありません でした(着いたらすぐ母が冷蔵庫にしまってしまい、父はそれを知らなかっ たために、確認が遅れました。 もっとも知っていたら、たぶんもう残って いないと思いますが ^^; )。 急ぎ代金をお支払いいたしますので、どうぞお許し下さい。

木川屋さんのホームページを、初めて拝見いたしました。 とても見やす い構成になっていて、非常に勉強になりました。 じつは私の住んでいる寮 のそばにも、やはり地酒をたくさんおいている酒屋さん(けっこう有名らし いのですが)があります。 菊姫純米山廃などをよく買って、実家で父と飲 んでいます。 いろいろなお酒を試したいのですが、あまり店員さんが親切 ではないので、ついつい飲みなれたお酒に手が出てしまいます。

是非一度、木川屋商店をお伺いしてみたいと思いますので、その時はどう ぞよろしくおねがいいたします。

とりとめのない話で申し訳ありません。 千葉はずいぶん暖かくなりました。 どうぞお体にはお気をつけて下さい。

1997年 2月27日

一つお教え下さい。
このお酒(上喜元大吟醸生原酒)は何度くらいでいただくのがおいしいでしょうか?
お手数ですが、ご教示いただきたく。


人気酒ベスト10
第一位酒田醗酵 みちのく山形のどぶろく
905円から
第二位2018 本場鶴岡産 白山だだちゃ豆
1,296円
第三位米鶴 大吟醸 ささのはさらさら
1,500円から
第四位全国送料無料旬の酒 6本セット
11,101円
第五位上喜元 純米吟醸 Snow Beauty
1,404円から
第六位初孫 純米大吟醸 黒魔斬 限定品
1,566円から
第七位出羽桜 雪女神 四割八分 限定品
1,728円から
第八位地酒 山居倉庫 純米大吟醸 雪女神
2,808円から
第九位初孫 本醸造 伝承生もと
929円から
第十位米鶴 純米 蛍ラベル 限定品
1,372円