お客様の声アーカイブ 1996年4月分

トップページ »  お客様の声アーカイブ »  1996年4月分
お客様の声アーカイブ 1996年4月分

1996年 4月 9日

枯山水飲みました。 かんをすると香りがたってきて美味しかったです。 ぬるかんようのお酒のようですが、熱燗でも美味しかったです。 ぬるかんよりちょっと熱いくらいが私の好みかもしれません。

1996年 4月17日

さて、日曜日の花見でとりあえず自然流をあけました。 常温だったのですが、まわりの評判もよく、あっと言う間にあけてしまいました。

でてきた料理が脂っこいものが多かったので、そのせいかもしれませんが、 個人的には、純米大吟醸にしては、少し軽すぎるというか、 くせがなさすぎるように感じました。 鶴翔(山田錦純米大吟醸でしたっけ?)を、正月に呑んだときは、 ちから強さというか、純米らしさを感じたのですが... 自然流生だと、また違うんでしょうか? うまく表現できなくてすいません。

半年ぶりぐらいに呑んでみて、すごくおいしいし、好みのタイプなのですが、 ボール半分外角にはずれた感じです。

すこし、自分の趣味が変わってきたのかもしれません。 それより料理の問題か? しばらくしたら、もう一回呑んでみようと思っています。

1996年 4月30日

栄光冨士 特撰栄光冨士(大吟)生酒をいただきました。

1日目



冷蔵庫から出して、すぐ呑んでみると、香りは控えめで 口当たりもよいのですがかなりアルコールをきつく感じる。 しばらくして、少し温度が上がってから呑むとアルコールのきつさが取れてくる。 一緒に呑んでいた人たちを、みな「美味しいけど、喉越しがきつい」と言ってました。 お遊びで1合にスプーン1杯位の水(軟水)を入れてみると、丸みが増し、 甘さが引き立つ。(うまく表現できない...) ちょっと水を、入れただけでも味ってものすごくかわるんですね。 今度は硬水でもやってみたい。

2日目



一段とまろやかさが増し、きつさが取れる。 これぞ 好みの酒!!という感じです。

一合にティースプーン一杯位水を入れるとどの位アルコール度数は下がるのでしょう? 昔、何かの本でお酒に水一滴入れただけでも、味が変わると書いて有ったので いつかやってみたいと思っていたのですが、こんなに味が変わるとは不思議なものですね。 お蔵ではどの様な基準で加水しているのでしょう。素人には謎ばかりです。

まだ一合半位残っているので、今日は硬水を買って帰ろう。


人気酒ベスト10
第一位2019 本場鶴岡産だだちゃ豆
1,296円から
第二位酒田醗酵 みちのく山形のどぶろく
930円から
第三位出羽桜 純米 出羽の里 限定品
1,404円
第四位初孫 生もと吟醸酒 冬のカノン
1,296円から
第五位くどき上手 発泡清酒 おしゅん
486円
第六位米鶴 純米吟醸 ささのはさらさら
1,500円から
第七位上喜元 翁 (おきな)限定品
1,004円から
第八位初孫 純米熟成 隠し酒 限定品
2,160円から
第九位初孫 写真ラベル・名入れラベル
1,728円から
第十位栄光冨士 純米大吟醸 星祭 限定品
1,680円から