お客様の声アーカイブ 1996年2月分

トップページ »  お客様の声アーカイブ »  1996年2月分
お客様の声アーカイブ 1996年2月分

1996年 2月 5日

で、まず、昨日の夜に「秘蔵初孫」を飲んでみました。

「秘蔵初孫」確かに美味しいとは思いましたが、私には、 「雄町」のほうが美味しいと思いました。

それから、ちょっと飲み方を変えて飲んでみました。

まず、グラスを変えてみました。 すると、普通に小さいグラスで飲むにはいいのですが、 ワイングラスのような香がこもるタイプのグラスで飲むと (醸造?)アルコール臭が鼻につき、あまり美味しいと 思えませんでした。

それから、赤ワインを飲む前後でも飲み比べてみましたが、 これも、ワインの余韻が残っているためか、後に飲むと 味気ないものに感じられました。

1996年 2月 7日

木川屋商店さんより到来の「出羽桜・枯山水」を寝酒にやっております。 宣伝に偽り無し、お燗でしみじみとうまいですね。

1996年 2月17日

さて、遂に、「栄光冨士」大吟醸雫を呑みました。 言葉に詰まりますね。

いやぁ、清酒って本当に美味しいものですねぇ。

私、10 号酵母が大好きです。 ますます、この御蔵のお酒に魅かれます。

封を切った後、猪口に注ぐ。たぶん、温度は 10 度未満。 上立ち香は、あまり感じない。 かすかに、アルコールの香りに酸味のある香りが混じっている。 カプロン酸の香りだけではない。 口に含む。米の甘みが広がる。口の中での広がり方はフワッとし、 柔らか。呑みこむ。米の甘みの消え方が心地よい。 切れが良いわけではない。でも、重いわけでもない。

含み香も、穏やかに香る。果物の香りというより、酵母の香りというべきか。 うまいパンの香りに似たところがある。

燗をしてみる。 立ち香にカプロン酸の香りが出てくる。 うまみも広がるが、バランスは冷やの方がよい。 極温燗、燗(45 度位?)と試したが、冷やが一番。

以上が、咋晩の感想。 肴は、鯛、活蛸のゆがいたもの、赤貝の刺身三品であったが、 どれもお酒に負けてしまった感がある。 お酒だけで呑めてしまう、すばらしい美酒。 お酒の方から、口の中に飛び込んでくる、そんな印象を感じました。

1996年 2月28日

届いたうち、初孫を空けてちょっと味見をしてみました。 やはりというか、DEWA33では酸味がほとんどありませんね。 これで、栄光富士、鯉川、初孫と3種試したのですが、結構味の違うところが 作っているのに印象が似ているように思います。


人気酒ベスト10
第一位酒田醗酵 みちのく山形のどぶろく
905円から
第二位2018 本場鶴岡産 白山だだちゃ豆
1,296円
第三位米鶴 大吟醸 ささのはさらさら
1,500円から
第四位全国送料無料旬の酒 6本セット
11,101円
第五位上喜元 純米吟醸 Snow Beauty
1,404円から
第六位初孫 純米大吟醸 黒魔斬 限定品
1,566円から
第七位出羽桜 雪女神 四割八分 限定品
1,728円から
第八位地酒 山居倉庫 純米大吟醸 雪女神
2,808円から
第九位初孫 本醸造 伝承生もと
929円から
第十位米鶴 純米 蛍ラベル 限定品
1,372円