上喜元(じょうきげん) 純米吟醸 雄町

トップページ »  上喜元  »  上喜元(じょうきげん) 純米吟醸 雄町
貴重な酒米を贅沢に使った純米吟醸
上喜元 純米吟醸 雄町
限定品 酒通向け

雄町を100%使用した純米吟醸です。雄町は岡山の酒造好適米で貴重な品種になります。

山田錦が主流になる前はかなり使われた米ですが、最近は雄町を使う蔵元も少なく醸すのが難しい米とも言われています。

香りは控えめですが飲みごたえがあり旨みの多い純米吟醸です。 きめ細かいのびやかな味わいが特長です。

米の旨味とほどよい酸味がバランスしており、濃醇でコクのある純米吟醸に仕上がりました。

木川屋のお薦め飲み頃温度

飲み頃温度は少し冷やした程度から常温です。

個人的にはほんの少しだけ温めても酒がやわらかくなり、 それでいて造りがしっかりしているのでバランスが崩れず面白いと思いました。

限定醸造に商品ですが切らさず在庫を心がけています。

上喜元 純米吟醸 雄町

上喜元 純米吟醸 雄町

このお酒の成分

原料米 雄町
精米歩合 50%
酵母 自社酵母
日本酒度 +1〜+3
酸度 1.6〜1.8
アルコール 16.0〜17.0%

 補足情報

飲み頃温度 飲み頃温度 やや冷たい 飲み頃温度 常温
保管方法 冷蔵
化粧箱 別売
在庫 常時
おすすめの発送方法 夏季クール便推奨

720ml 1,890円

1800ml 3,780円


化粧箱が無いお酒や2本セットや3本セットの箱入れの場合は下記からご選択下さい。

画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。
お酒のビンの形状等でご指定の箱に入れられない場合があります。

■ 720ml 1本入れ

botan
720ml 1本入れ
共通化粧箱
114円
botan
地酒 山居倉庫専用
720ml1本入れ化粧箱
114円
botan
720ml 1本入れ
発泡スチロール
108円


■ 720ml 2本入れ
botan
720ml 2本入れ
共通化粧箱
370円
botan
地酒 山居倉庫専用
720ml 2本入れ化粧箱
370円
botan
720ml 2本入れ
発泡スチロール
324円


■ 720ml 3本入れ
botan
720ml 3本入れ
共通化粧箱
475円
botan
地酒 山居倉庫専用
720ml3本入れ化粧箱
475円


■ 1800ml 1本入れ
botan
1800ml 1本入れ
共通化粧箱
165円
botan
地酒 山居倉庫専用
1800ml 1本入れ化粧箱
165円


■ 1800ml 2本入れ
botan
1800ml 2本入れ
共通化粧箱
230円
botan
地酒 山居倉庫専用
1800ml 2本入れ化粧箱
230円



 上喜元 純米吟醸 雄町 の感想

 全部で5件の感想があります。 最新の5件を表示します。

2016年 8月27日

いつもお世話になっております。
本日は上喜元 純米吟醸 雄町50 をお送りいただきありがとうございました。

今日は東京深川まで法事で出掛け、帰りに銀座一丁目ににある山形県のアンテナショップに寄り、
山形の美味しい食材をたくさん購入してきました。

今夜は美味しいお酒と共にいただくと家族が楽しみにしております。

いっしょにおおくりいただきました八王子市のKさんのところにも届いたと連絡がありました。

どうもありがとうございました。

1998年 12月 9日

先日はありがとうございました。 上喜元雄町、とってもおいしかったです。 ということで、今度は一升瓶で一本お願いします。

それともうひとつ無理なお願いかもしれませんが、 この上喜元と合わせて1万円になるぐらいを上限として (4000円前後)もう一本お勧めのお酒を一本送ってください。 なに、送ってきたものに文句は申しません。 無理でしたら下記の一本だけで結構です。 よろしくお願いいたします。

1997年 11月19日

お詫びといってはなんですが、雄町を2種類(上喜元 純米吟醸 雄町)、 (米鶴 うきたむ雄町 無濾過純米吟醸生酒)飲んでみたときの感想など。

上喜元の方は、確かに上喜元らしいのですが、雄町らしさ(うまくいえ ませんが、柔らかいふくらみというか、山田の筋の通ったところとまた 違った良さ)に欠けているかなという気がしました。ぬる燗にしてみて も、中から違った面がでて来なくて、ふくらみに欠けるという印象は変 わりませんでした。米鶴のほうは、いかにも雄町という感じで、とても 気に入りました。実によく味が乗っていて、ふくらみがあって非常に良 いです。

ぬる燗も試したかったのですが、後輩の部屋でサッカー見なが ら飲んでいたら無くなってしまって試せなかったのが残念なんですが。 (イラン戦では無くて、カザフスタン戦の時ですが。結局、ヨーロッパ のリーグ戦のビデオを3試合位その後見て、気がついたら4時でした。)

1996年 11月 1日

クール便で届き、秘書がそのまま冷蔵庫にいれてくれました。さっき 車で持ち帰り、自宅の冷蔵庫に入れました。

でも、やっぱり「古酒屋のひとりよがり」には手をつけてしまいました。^^;; なんかどうもあれには逆らえない。 職場の酒好きが味わって目を丸くしていましたので、同封のカタログの 1枚の方を彼に渡しておきました。彼はこのためにインターネット接続を するかもしれない。:)

前と同じ様な、きりっとした印象でした。 どうも私はあれが好みらしく、リファレンスとしている節があります。 しばらくは、毎回の注文にはあれを常に1本入れて、それとの差分で 研究していくことになりそうな雰囲気です。 あれをリファレンスにすることをどうお考えになりますか? 適当なリファレンスを他になにか推奨なさいますか?

前回の感触で行きますと、上喜元・雄町は、私は1%割り水した方が 原酒より好みでした。あちらの方がより「ひとりよがり」的だったのか。 よくわかりませんが。

他のお酒はしばらく寝かしてから楽しませていただきます。どうも ありがとうございました。 これからもよろしくお願いいたします。

1996年 7月24日

無事に"上喜元 雄町(純米原酒) 四合瓶、上喜元 雄町(純米) 四合瓶" 着きました。連絡遅れてすみません。こいつはちゃんと飲み比べをします。 今日は"栄光富士の「雫」"を思いきって開けました。その感想を。 それまでなじみの酒屋さんから"菊姫「加州」「山灰吟醸」"を購入し、その味比べ をチャレンジしていましたが、正直、高島忠男の"よー、わからん!"の世界で、ち ょっと味見に自信がなくなってきていました。

にもかかわらず、いきなりの大物の開封だったのですが... 第1印象"何これ、甘いわ、なんか別の飲み物...そうやウオッカや" こんなはずはない、こんな...

口をゆすぐ。ぐいっと2回目。 第2印象"うーん、甘いな。でも、いい意味で何にも残らん。うん、これは舌で味わ うように飲むのかな?(私、のどで飲むのに慣れてますので)" 慌てて木川屋さんの資料を見る。領域でいえば淡麗辛口。"うそやー" あわてて3回目。

"甘いけど舌に残らないという意味では、ただの甘口とは違う。それに鼻の悪い俺で も香りが感じられる。でも、これじゃ良質の砂糖水..." その時にはっきりわかりました。こんな砂糖水はありません。ましてや、最近の流行 りで、水のようなお酒が多い近頃、疑問を感じていた私の本当のお酒を飲みたいとい う気持ちが"これがそうなんや"と私に訴えていました。

もともとお酒は、いかに甘みを出すかというのが重要だったはずです。古来、甘みと いうのは希少価値以外の何物でもなかったはずです(この辺はドイツワインが好きな 個人的な気持ちが入っているのかも知れませんが) だのに、最近の甘いお酒はなんですか!醸造アルコールというものに頼り過ぎて(ア ル添に文句を言ってるわけではありませんので、あしからず)、甘いというよりはべ たべた。"人工"に頼り過ぎています。本来の素材が持つ"甘さ"というものがなさ 過ぎています。本当の"甘み"を出すお酒が飲みたい!これが私の希望でした。これにぴったりのお酒です(3回も飲まんとわからんのが情 けないですが)

次に試したのは本塩を肴に。うーん、いいな(^^) 昔の人は塩を肴に飲めたら立派な 酒飲みと言ってましたが、これはそれがふさわしいお酒ですね。非常におもしろい、 いろいろな楽しみが一口一口に待ち受けています。昔の人(江戸時代くらいかな)は こんな感じでお酒を飲んでいたのかなと思うと、この部分だけうらやましいです。 さっきから甘い、甘いと書いていますが、私の個人的な味覚に問題があるのかもしれ ませんね。だってこのお酒"淡麗辛口"なんですよね。でも、このお酒じゃ肴は何が 合うんでしょうか?なんか魚関係(刺し身、焼き物、煮物)は非常にむずかしいし、 肉関係は論外のような気が。とにかく肴単体で食べれるようなものは向いていないよ うな気がするのですが。

長々とまた書いてしまいました。ごめんなさいm(_ _)m 最後に、ここまで感想を書きながら一つの疑問が頭を離れません。それは、 "お酒の保管状態(もしくは飲み方)に問題があるから見当外れの感想になってない かな?" です。

まあ、ともかくおいしいお酒をありがとうございました。そろそろ私も料理の腕を磨 きにかかる時期が来たと思っています(たいした腕じゃないんですよ、料理作るのが 好きなだけです(^^;; それでは、また注文させていただきます。syu1さんも忙しいようですが、頑張ってく ださいね。 ほな!


同じジャンルのお酒を探す

1800ml 3,000〜4,999円   720ml 1,500〜1,999円   ただいまのお薦め酒   コストパフォーマンス重視  
上喜元   純米吟醸   食事と一緒に   飲みごたえのある酒  




人気酒ベスト10
第一位酒田醗酵 みちのく山形のどぶろく
905円から
第二位産地直送 小松さんの刈屋梨 豊水
2,268円から
第三位酒田醗酵 超なめらか 米麹甘酒
620円から
第四位全国送料無料旬の酒 6本セット
10,933円
第五位羽前白梅 純米吟醸 俵雪 秋あがり
1,728円
第六位上喜元 おりがらみ 中秋の風花
1,404円から
第七位上喜元 純米吟醸 Snow Beauty
1,404円から
第八位初孫 純米大吟醸 黒魔斬 限定品
1,566円から
第九位出羽桜 大吟醸 雪漫々 限定品
6,264円
第十位地酒 山居倉庫 純米大吟醸 雪女神
2,808円から


これは旨い! 今が旬の酒
出羽桜 桜花吟醸 山田錦 限定品
出羽桜 桜花吟醸 山田錦 限定品
全量山田錦で造ってこの価格と品質。超人気の限定品。
720ml 1,620円
1.8L 3,240円
東北泉 純米 八反錦 ひやおろし
東北泉 純米 八反錦 ひやおろし
旨味と香りがバランスした絶妙な純米
720ml 1,620円
1.8L 3,175円
上喜元 純米吟醸 おりがらみ 中秋の風花<br>火入れ 限定品
上喜元 純吟 おりがらみ 中秋の風花
スッキリとした喉越し、さわやかな火入れにごり。残り僅かです。
720ml 1,404円
1.8L 2,808円
米鶴 純米原酒 ひやおろし 限定品
米鶴 特別純米 ひやおろし
香りと深みある味がバランス。コストパフォーマンスはNo.1。
720ml 1,231円
1.8L 2,592円
上喜元 純米吟醸 雄町
上喜元 純米吟醸
雄町

貴重な酒米を贅沢に使った旨みの多い純米吟醸です
720ml 1,890円
1.8L 3,780円
栄光冨士 純米吟醸 無濾過生原酒 秋酒 限定品
栄光冨士 純米吟醸 無濾過生原酒 秋酒
30BYの新酒一番乗り! 原酒らしい強い酒質で飲みごたえのある酒
720ml 1,400円
1.8L 2,700円
地酒 山居倉庫 純米吟醸 初孫
地酒 山居倉庫 純米吟醸 初孫
スッキリさわやか冷やして美味しい純米吟醸
720ml 1,512円
1.8L 3,024円
上喜元 純米吟醸 酒和地 にごり本生
上喜元 純米吟醸 酒和地 にごり本生
シュワッチ! 冷やして美味しい純米吟醸活性にごり生
1.8L 2,808円
みちのく山形のどぶろく 香り吟どぶ 限定品
山形のどぶろく 香り吟どぶ 限定品
16-1酵母を使用した美しくフルーティなどぶろく。生産本数は1400本限定。
720ml 2,100円
酒田醗酵 みちのく山形の米麹100%手作り本格甘酒
酒田醗酵 みちのく山形の手作り甘酒
夏バテ防止に効果バツグン! アルコール0% 米麹100%の贅沢甘酒
300ml 620円
720ml 1,240円
初孫 純米大吟醸 黒魔斬 超辛口 限定品
初孫 純米大吟醸 黒魔斬 超辛口
大好評の摩漢がリニューアルして帰ってきました
720ml 1,566円
1.8L 3,132円
出羽桜 大吟醸 雪漫々 氷点五年熟成 超限定品
出羽桜 大吟醸 雪漫々 氷点五年熟成 超限定品
存在自体知られていないことが多い、雪漫々の五年もの!
720ml 5,400円