ホーム > 蔵見学 アーカイブ

蔵見学 アーカイブ

造り終盤の上喜元

新しい特注品の相談で上喜元に行ってきました。
造りはもう終盤。

蔵人も少し疲れが出ていますが、蔵内を散歩していろいろお話をうかがってきました。
2012-03-23-02.jpg
今回は14-24ナノクリ+D700がお供です。

続きを読む

大忙しの上喜元

所用で蔵元に出かけたので、中を覗いてきました。

11月の限定出荷のお酒があるため、出荷や瓶詰め作業に大忙しの上喜元です。


膨大な種類のラベル。
ただでさえ種類が多い上喜元。
各販売店のPBもあるたけ出荷作業を担当する人はたいへんです。

続きを読む

上喜元 蔵見学

ひさしぶりに上喜元にお邪魔しました。

もちろんこの時期は造りの真っ最中。
大吟などの大仕事も一山越えたので、みなさんお疲れですが少しほっとしているのかも。

勝手知ったる蔵元で、造りの皆さんも顔なじみなので、邪魔にならないように見学しました。
DSC_1324.jpg
ちょうど放冷中。

続きを読む

米鶴 ささのはさらさら 呑み切り参加

毎年七夕に発売される、米鶴のささのはさらさら。
このお酒は日本名門酒会山形支部のオリジナル酒です。

呑み切りという作業は、出来上がったお酒を夏を越す前にタンクから汲んで、味を見ることをいいます。

ささのはさらさらは、毎年7〜8種類のタンクから、きき酒を行い、加盟店の投票が一番多かったお酒が選ばれます。

CIMG0713.jpg
梅津社長は目立つ色の法被ですねー。

続きを読む

大山 立春朝しぼり

今年も参加してきました。
今年も鶴岡から出勤しているスタッフの山ちゃんにお任せ。(^^;)
ほんとにご苦労さんです。> 山ちゃん

CIMG0567.jpg

真剣な表情です。

続きを読む

楯の川 蔵見学

しばらく暖かい日が続いていましたが、昨日から一転して冬景色に逆戻り。
寒い中、防寒装備をしっかりと施して妻と楯の川酒造へ見学に行きました。

鑑評会用の醪(もろみ)もあるでしょうし、仕込みの大事な時期なので、もう少し後の時期に見学しようかとも思いましたが、現場が一番活気づいている時期に見て欲しいということで忙しいところをお邪魔しました。

DSC_5700.jpg
工場の白いカベが雪に溶け込んでいる蔵の外観。
建物がこのような造りで煙突があると、どれも酒蔵に見えてきてしまいます。

続きを読む

ささのはさらさら 呑み切り

呑み切りとは冬に仕込んだお酒を6月にタンクから少量取り出し、味見をして熟成やお酒の状態を確認する作業のことを言います。

この6月の呑み切り作業に地酒専門店が集い、タンクごとの味の違いを吟味してお酒を選び、7月に販売するのが米鶴 純米吟醸 ささのはさらさらです。

この呑み切りのイベントに当店スタッフ山崎が参加してきました。
DSCF1295.jpg

続きを読む

今年も美味しい大山 樽酒が来ました

毎年大好評の冬の風物詩、大山の特別純米 樽酒が入荷しました。

今年は1本目を私が瓶詰め。2本目は新入社員のスタッフ山崎が瓶詰めに挑戦。
店内は杉の香りで包まれました。

この瓶詰め作業。結構たいへんです。
DSC_1194.jpgDSC_1220.JPG

すぐに飲みたい方はこちらです

続きを読む

出羽桜 山形工場訪問

この間お邪魔したときは、石沢杜氏がお留守だったので技術センターの帰りに今日も寄ってみました。技術センターと山形工場は目と鼻の先です。

山形工場に行くなら、その前に私の酒造りの師匠であり今は同業仲間の「酒の郷 吉田酒店」の健一さんに連絡せねば!

ということで携帯に電話したところ繋がらず...。

うーん、仕方ないとりあえず寄ってみるか。と蔵元に行ったところ、見慣れた車が...。

あれー?? 健一さんここに居たの? (^^;)
ということで、またも手間が省けたのでした。

blog2008_20080531-DSC_9299.jpg

続きを読む

大山 立春朝しぼり作業風景

1_20080204-DSCF0127.jpg

ご予約いただいてたお客様も多い立春朝しぼり。
約束通り、当店スタッフが参加してラベル貼り出荷作業を手伝ってきました!

底冷えする朝6時半に現地集合(T^T)
蔵元の朝は早いのです。

当店スタッフ古家は朝5時半に酒田から出発。
ごくろうさん。_(__)_

当日は名門酒会加盟店のみんなで作業を行います。

縁起物ということで紅白の幕も準備されています。
全員はっぴに帽子です。
蔵の中は外気とほとんど同じ気温なので、防寒着を着ています。

続きを読む

前の10件 1  2  3  4  5  6

全ての記事のインデックス

ホーム > 蔵見学 アーカイブ

検索
フィード
リンク

このページのトップへ戻る