ホーム > 蔵見学 > 出羽桜酒造 天童本社新社屋見学 その2

出羽桜酒造 天童本社新社屋見学 その2

13.jpg
いよいよ本社工場の見学です。

53.jpg
雨樋がある部分から手前が元々あった出荷棟。
雨樋から向こう側が新しく建てた醸造棟です。
違和感なくまとまった造りになっています。

11.jpg
看板や、

12.jpg
酒蔵に欠かせない煙突も新しくなっています。

54.jpg
瓶詰めラインは一新されました!

57.jpg
すごいですね。

58.jpg
咲などガス充填を行う瓶詰め機も。

59.jpg
新しくてピカピカのラインです。

65.jpg
ガラスの向こうにあるのは充填機です。

60.jpg
泡立たないタイプの最新式で、ビンの誤差を考慮してビン内の液面の高さではなく、重量を測定して充填する最新鋭のものです。

62.jpg
出羽桜の命でもあるビン殺菌の熱処理も新しくなっています。

61.jpg
内部はこんな感じ。
人間だと一日がかりの作業が1時間程度で終わってしまうとか。

66.jpg
こちらは吟醸缶などのアルミ缶製品に製造年月を吹き付けて印刷する装置。

67.jpg
製品ラインは驚くほど長いです。

63.jpg
蔵内もだいぶ見通しがよくなりました。

71.jpg
こちらはフィルター。
本社工場のフィルターはかなり大きいです。

72.jpg
薮田は以前から使用しているものを継続。
それにしても清掃・整備が行き届いています。

73.jpg
こちらが新しく導入した蒸し器です。

77.jpg
良質の乾燥蒸気を得るため、甑だけでなくボイラーも強化されています。

74.jpg
工場の新設に伴い煙突も新しく。

79.jpg
今回の新工場では室(むろ)のスペースは建て替えにはなっていませんので以前と同じです。
麹蓋がきれいに整頓されていました。

80.jpg

82.jpg
急な階段を登ると

88.jpg
酒母室につきます。
製造は終わっているのでこの時期の見学は気が楽ですね。
ここも造りの道具類が清掃され、きれいに片付けられていました。

85.jpg
こちらが三菱レイヨンと共同開発した脱気装置本体です。
先程のフィルターは外された状態ですね。

86.jpg
タンク貯蔵のスペースです。

89.jpg
リニューアルされた氷温貯蔵のタンクスペース。

90.jpg
下に降りるとこのようになっています。
氷温なのでタンクは氷がついています。
配管はクーラント(不凍液)を循環させるものでしょう。

92.jpg
櫂棒は今でも木製のものも使います。
T型の細い棒はタンクの液面を測る定規ですね。

93.jpg
こちらは咲を入れる耐圧タンクです。

96.jpg
ということで、品質の出羽桜を具現化する見事な工場に生まれ変わりました。

101.jpg
その後、場所を変えて特約店会議が行われました。
まずは出羽桜のほぼ全製品のきき酒です。

こんな機会でもないとここまでの種類を一気にきき酒する機会はありません。
このはからいは本当にありがたかったです。
味わって、自分の言葉でお客様に出羽桜の良さを伝えることができます。

102.jpg
会議では活発に意見が交わされました。

104.jpg
意見が出やすいように(?)あえて社長は出席されず、那須常務、賢社長室長、翔太郎専務、あかりさん、営業陣が出席されました。
今回の見学、会議はとても有意義なものでした。

これからの出羽桜がますます楽しみです!


トラックバック:0

この記事のトラックバックURL
https://www.kigawaya.com/mt637/mt-tb.cgi/11390
出羽桜酒造 天童本社新社屋見学 その2 from 木川屋のどブログ

ホーム > 蔵見学 > 出羽桜酒造 天童本社新社屋見学 その2

検索
フィード
リンク

このページのトップへ戻る