ホーム > 蔵見学 > 杉勇蕨岡酒造場 蔵見学

杉勇蕨岡酒造場 蔵見学

2013-01-25-44.jpg
今日は杉勇蕨岡酒造場の見学に行って参りました。

杉勇は酒田の北隣、遊佐町の山の麓にある蔵元です。製造石数は500石程度と少ない量を醸している蔵元ですが、良質の水が育む銘酒は固定ファンも多くいらっしゃいます。

木川屋では新規取り扱い蔵元として、造りの現場を勉強するためにお邪魔させてもらいました。中央のメガネをかけた知的な方が代表社員の茨木さんです。

さて、杉勇に車で向かったのですがこの日は天気は超荒れ模様。
地吹雪となってしまいました。

杉勇までは酒田の市街地から田んぼを抜けて山の方まで走るのですが、
2013-01-25-2-2.jpg
視界が...。

2013-01-25-2-3.jpg
対向車もライトを点けて自分の車の位置を他の車に知らせています。

2013-01-25-2-1.jpg
一番酷いと視界が10mほど。こうなるとノロノロ運転です。
撮影は全て妻がiPhoneで。

2013-01-25-42.jpg
なんとか到着。(^^;)

2013-01-25-40.jpg
杉勇といえば、この煙突。

2013-01-25-41.jpg
レンガ造りの歴史を感じさせる煙突ですが、もちろん今でも現役です。
釜を使っているときは、ここから湯気が出ています。

2013-01-25-43.jpg
蔵元のある集落です。
ここは山の麓で鳥海山系の伏流水になります。
水質は大変良好でミネラルも多いそうです。

2013-01-25-03.jpg
社長と少しお話しをさせていただいて早速中にお邪魔しました。

2013-01-25-02.jpg
これが煙突の内側です。

2013-01-25-01.jpg
これが煙突の下に位置する和釜です。
ここで蒸米が作られます。

2013-01-25-06.jpg
午後にお邪魔したので、蔵人は明日の準備をされていました。
オレンジの袋に入っているのは擬似米(お米のダミー)です。

杉勇の蒸しは半仕舞いです。2日にタンクを1本のペースで仕込んでいきます。

2013-01-25-04.jpg
釜のすぐ近くには放冷機があります。

2013-01-25-07.jpg
造り酒屋は整理整頓。清潔第一。
毎日洗い物もたくさんです。

2013-01-25-05.jpg
この日はちょうど半切りで山卸作業(もとすり)が行われていました。
この作業を行なっている蔵元も少なくなりました。丁寧に昔ながらの生もとの酒が仕込まれています。

蔵人は全部で8名、うち冬期のみの方が3名です。
杉勇は創業大正12年(1923年)、江戸時代より「鳳正宗」を造っていた蔵元と、酒田の杉勇酒造店が合併してできた蔵元です。歴史は古いです。


茨木社長が見せてくださるのは

2013-01-25-28.jpg
麹室のすぐ隣の枯らし場です。

2013-01-25-29.jpg
麹室も見せていただきました。

2013-01-25-26.jpg
麹蓋もたくさんあります。
材料が手に入らなくなり、どの蔵も大切に使っています。

2013-01-25-10.jpg
こちらは酒母です。

2013-01-25-11.jpg
仕込み部屋もお邪魔します。

2013-01-25-15.jpg
杉勇は開放型のタンクを使っています。
タンクは密閉式(タンク中央の部分の蓋のみが開く)と開放型(タンクがビーカーのような形で蓋が無い)と二種類があります。

2013-01-25-13.jpg
タンクの胴体部分に巻いてある黒いものはウオータージャケットです。この中を水が通ってタンクを冷やします。

2013-01-25-20.jpg
こちらも冷却用のフィンです。このフィンをタンクの中に沈め、ホースの中を通る水によって冷やします。

2013-01-25-14.jpg
早速除いてみます。

2013-01-25-23.jpg
気温も低いので順調に仕込みは進んでいるそうですが、今年の米は溶けづらいそうです。これはどこの蔵元さんも口をそろえて言っていますね。やはり高温障害があったので今年の米は仕込みがたいへんそうですね。

2013-01-25-18.jpg
足場は造りに来ている蔵人の方が作ったそうです。見た目以上にしっかりしています。

2013-01-25-22.jpg
上にも登ってみました。

2013-01-25-34.jpg
圧搾機はこの昔ながらの押し槽(おしぶね)の佐瀬式と、

2013-01-25-35.jpg
薮田式の2つです。
吟醸造りには微妙な調整ができる佐瀬式が良いのですが、部品も少なくなってきて維持がたいへんだそうです。

2013-01-25-31.jpg
杜氏さん自らが機械のメンテナンスをしながら大切に使っています。
杉勇の杜氏は地元遊佐町のご出身で、もう30年以上この蔵の杜氏をされています。

2013-01-25-19.jpg
火入れは蛇管も使いますが、上のクラスのお酒はビン殺菌です。

2013-01-25-25.jpg

2013-01-25-09.jpg
出来上がったお酒の貯蔵スペース。

2013-01-25-36.jpg
こちらは原料米。今年は米不足で米の確保がたいへんだった蔵元が多かったのですが、杉勇は安定して確保できたそうです。

2013-01-25-30.jpg
これが神棚! すごいです。
今までいろいろな蔵元にいきましたが、こんなに立派な神棚がある蔵元は見たことがありません。大きさも巨大です。中はもちろん松尾様(お酒の神様です)が祀られておりました。

2013-01-25-32.jpg
神棚のとなりには稲が下げられています。

2013-01-25-37.jpg
ひと通り見学して事務所に戻って来ました。

2013-01-25-24.jpg
茨木社長は平成2年に蔵元に入りました。現在48歳ですが、蔵に入る前は日立製作所のエンジニア(技術屋さん)でした。私も同じパターンです。
先代のお父様が早くに亡くなられて蔵を継がれたそうです。

2013-01-25-38.jpg
この後、試飲を行いました。
私は運転手なので...。(T^T)

2013-01-25-39.jpg
帰る頃には吹雪や止んでいましたが、車が冷凍状態に。(^^;)
帰る前にトイレをお借りしたのですが、戻ってくると茨木社長が居ない...。

どこ行ったんだろう? と思ったら外でうちの車の雪を落としてくださっていました。見た目通りの紳士な方。本当にすみません。

2013-01-25-44.jpg
ということで無事に見学が終わりました。
杉勇の酒に固定ファンが多いのがなんとなくわかりました。酒質は良くも悪くも近年流行のものとは違います。ですが、これが「杉勇の酒」というのがはっきりしていて、たいへん好感が持てました。

香りよりも味、そして旨味とのみごたえのバランス。芯の太いしっかりとしたお酒は今後も異彩を放ってファンに愛され続けると思います。

木川屋も応援していきます。購入ページももうすぐできますよー。

トラックバック:0

この記事のトラックバックURL
http://www.kigawaya.com/mt622/mt-tb.cgi/7674
杉勇蕨岡酒造場 蔵見学 from 木川屋のどブログ

ホーム > 蔵見学 > 杉勇蕨岡酒造場 蔵見学

検索
フィード
リンク
山形県のお天気

このページのトップへ戻る